mercato_0042-w28h16cm-1024x598

まるでイタリア・ヨーロッパ!メルカート・モール|Mercato Mall

出展 mercatoshoppingmall.com 

 

dsc00765

ジュメイラ・パブリック・ビーチすぐそばの好立地にあるメルカート・モールは、先日ご紹介したイブン・バトゥータ・モールやワフィー・モールのような、テーマパーク的なショッピングモールの先駆けとして2002年にドバイにオープンしました。

 

メルカートとは、イタリア語でマーケットを意味しています。豪華リゾート地帯であるジュメイラに滞在する客の生活を支えるとともに、観光客も数多く訪れる人気のスポットです。

 

中世ルネッサンス期の地中海の都市を再現することをコンセプトとし、イタリア人建築家ダニエレ・モレッリの設計でイタリア、フランス、スペイン芸術を散りばめたヨーロピアンなショッピングモールとして誕生しています。建物はミラノの歴史あるアーケード「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を彷彿とさせるような、荘厳な佇まい。オシャレな雰囲気の中、買い物を楽しむことができるでしょう。

モール内には建物のイメージに合わせて、イタリアやスペイン、フランスのブランド店舗が多く軒を連ねています。アルマーニ、カルバン・クライン、ディーゼルといったおなじみのブランドから、ザラの高級ラインとしてヨーロッパで人気のマッシモ・ドゥッティのような日本未上陸ブランドまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

少し珍しいところではアラビアファッションの専門店がお勧めです。せっかくアラブに来ているのだから、エキゾチックなファッションに挑戦してみるのも面白いでしょう。

 

メルカートの施設内にはスーパーマーケットもあるので、飲み物やお菓子など、必要なものを購入するのにも便利です。日中の日差しが非常に強いドバイでは日焼け止めや水の携帯は必須なので、忘れずにここで買っておきたいところです。日本へのお土産を探すのにもお勧めです。

周辺には中東最古の動物園である「ドバイ動物園」やドバイで一番美しいとされるモスク「ジュメイラ・モスク」があり、観光の起点としても利用することができます。それぞれまでは海岸沿いの一本道で行くことができるので、時期にもよりますが海風を楽しみながら歩いて向かうのもいいかもしれませんね。特にジュメイラ・モスクはイスラムの教義に厳しく異教徒のモスク内部立ち入りが禁止されているドバイで唯一入ることができるモスクです。モスク内部についてやイスラム教について教えてくれるガイドツアーに参加することができます。なかなか日本では知る機会のない、本当のイスラム教の姿を知るいいチャンスになるはずです。

もちろん海水浴の際にもばっちり。海で泳ぎ疲れたらメルカートで休憩、お食事。外が暑くて出たくないというのなら併設されている映画館で涼むのも一興です。

ショッピングモールの規模としては他のモールに及ばないものの、その利便性の高さやモール内の美しさはむしろ上回っていると言えるメルカート・モール。ドバイ観光の際の基点としてメルカート・モールの近くにホテルをとれば、きっと快適なドバイ滞在を満喫できることでしょう。

◆アクセス

タクシー:ドバイ国際空港より約20分

バス:ドバイ国際空港より約40分

◆所在地

Mercato shopping mall  Jumeirah Beach Rd  Dubai

◆営業時間

ショッピングモール: 10:00 ~22:00

※一部店舗は金曜日のみ1:30開店

スーパーマーケット:8:00 ~0:00

映画館:10:00~深夜まで(上映時間による)

カフェ、レストラン:10:00 ~ 22:00

※一部店舗を除く

 





ピックアップ記事

  1. img-l-2
  2. one-and-only-the-palm-zest-restaurant
    銀色のアラビア風の植物模様が壁や柱などいたるところに施され、天井からはクォーツの…
  3. dsc08502
    アラブの伝統焼き菓子「vivel(ヴィヴェル)」ドバイの有名店アラビックの焼き菓子店…
  4. thumb_dsc08936_1024
    ドバイにしかない、、、そしてドバイらしいゴールドのルックスと、アラビアンな模様がなんとも可愛らしいド…
  5. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-146
    存在感のある背の高い何本もの白い柱に、アーチ型の天井から垂れ下がる黒のクリスタル…
Booking.com
ドバイ・パームジュメイラ在住 Luxury walker 五十嵐りえが発信中!  PAGE TOP